ハローワークとの死闘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日になりますが、ハローワークさんに凸電しまして、結構ん死闘を繰り広げました!はい!

その前日にハローワークに行く日でして行ってきたんですが、納得いかずにパートナーのマッキーに促されて電話したんですが。。。

最初は会社にまだ確認が取れていないの一点張り😢結構粘って一旦電話は切ったんですが、ハローワーク側からまた折り返しの電話があり話し合い

まぁ、ここで私がなぜ離職理由にこだわっているかと申しますと今話題のブラック企業で長時間労働により心身の不調により退職した訳なんです

弁護士に提出した資料によると、辞める直近3カ月の総労働時間を言いますと

4月301.5時間 5月336時間 6月298時間

はい!皆さんこの時間を1日8時間労働として計算してみましょう!

とんでもないでしょう???

軽く過労死ライン超えて死んでます~(笑)

まぁ、この資料はあくまでも私のlineで上司に出勤、退勤を知らせるもので公ではないわけです

会社にはもちろん!タイムカードも無ければ、労働時間を記載された給与明細もないんです(笑)

因みに、労働契約書もなかったです😅

それを、会社に確認する。。。確認しようがないでしょう?

でも、この証拠はあくまでも私のだす資料であって客観的な証拠がいるらしいです。。。

いやいや、会社がないものを認めるわけがないわけで。。。

仕方がないので、マッキーへの帰るlineの提示と病院の診断書を持って来週あたりに再度ハローワークに突撃しますが。。。(会社の地域のハローワークの方にそのlineの提示を求められているので)

会社に対しての思いは論外にして、ハローワークさんには申し訳ないですがここまでされたら納得いかないんですよねぇ

因みに、ハローワークの特定受給資格者の範囲に書いてあるのを貼っておきます

    ⇩これです⇩

(5) 離職の直前6か月間のうちに[1]いずれか連続する3か月で45時間、[2]いずれか1か月で100時間、又は[3]いずれか連続する2か月以上の期間の時間外労働を平均して1か月で80時間を超える時間外労働が行われたため離職した者。事業主が危険若しくは健康障害の生ずるおそれがある旨を行政機関から指摘されたにもかかわらず、事業所において当該危険若しくは健康障害を防止するために必要な措置を講じなかったため離職した者

で、労基さんはブラック企業はタイムカードがないのは当たり前なので労働時間のメモ書きでもOKとは仰ってましたが。。。

まさかの、ハローワークのの対応です!

因みに、離職理由も勝手に「一身上の都合」にされてましたし。。。

いやいや、私何も承諾してませんけども???

このことだけでも十分会社の対応で認めてくれてもよくな~い?て思うのは私だけ???

これを見た方で何かいいアドバイス、意見等あればコメント頂ければ嬉しいです!

がんばるぞ!!!

ではまたまた👋

   akiko takasugi

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*